子猫が学ぶ社会化について

子猫の社会化

生後2週目から7週目までが猫の社会化期といわれています。自分の周りの世界認識し、ほかの猫や人との付き合い方を学んでいきます。

最も大切なのは、この時期に人との適切なふれあいを経験することです。人になつく基礎がここで形成されていきます。この時期にできるだけ多く人と触れ合う時間を作りたくさん遊んであげましょう。

ブリーダーやペットショップから購入する場合は、日常的に世話をしているスタッフと触れ合うことが多いため、人間に慣れている子猫が多いですが、野良猫や遺棄された猫は人間とのコミュニケーションがうまくいかない場合もあります。

人とのかかわり

子猫の世話は家族の一人がするのではなく、家族みんなで触れ合う機会を作りましょう。たくさん遊んであげることでコミュニケーションがはかれます。怖がっている子猫に無理やり触ることは逆効果です。人の手を怖がるようになり、恐怖心から攻撃性を示すようになる場合もあります。ケージ越しにやさしく声をかけるなど静かなアプローチから始めてみましょう。

子猫のほうから近づいてくるのを待ちます。また、空腹時を狙って普段よりも少し美味しいフードなどで誘い、食べている間に少しずつ体に触れる方法もよいでしょう。

将来に備えて

社会化期には、将来的に必要になると思われることや物に慣らしておくとよいでしょう。この時期に、爪切りやキャリーケースに慣らすことは大変効果的です。

 

出典・加工して作成:環境省「猫の適正譲渡ガイドブック」
https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/pamph/h2806a/pdf/full.pdf