【海外ニュース】猫は外に出さない方が良いという結論が出ました。

猫は屋内で飼う方が良いのか、それとも屋外に出しても良いのか

猫飼いの間では永遠の論争となっていたこの件ですが、イギリスの専門誌にその研究結果が掲載されたとの事です。

屋外に猫を出すと、病原菌・寄生虫等に感染する確率が3倍になるというのです。

なんだ、そんな事なら病院で駆虫剤投与や予防接種をやってもらえばいいじゃないか。そう思う方もいらっしゃるかもしれません。しかし、それらの予防薬でこの世に存在する全ての菌・寄生虫を100%駆除できるわけではありません。

以前も記事にしましたが、トキソプラズマ症に由来する寄生虫は人にも感染し、妊婦さんには産婦人科などでよく注意書きをされている場合があります。妊婦さんだけが注意していれば良いのか?そうではありません。トキソプラズマは、統合失調症発症の要因なのではないか?とも言われているのです。

そういった余計な感染を増やし、猫の命はもちろん人の健康や命にまで作用しかねない可能性と根拠の無い考えで猫を外に出す行為は、冷静に考えると正しいとは言えませんね。

まして交通事故にあったり連れ去られたり、心無い人による虐待の可能性も尽きません。

天然成分のみで作られたサプリメントによる駆虫が可能です

なお、万が一猫から人への寄生虫感染が心配な場合は、天然成分のみで作られたサプリメントによる駆虫が可能です。ペット先進国では、半年~1年に1度、個人でそのサプリを購入して定期的に駆虫を行うという習慣のある方も多くいます。特に日本人は刺身をよく食べるので、意識しておくと良いかもしれません。

これまで多くの方が天然サプリによる駆虫で体調改善を行ってきましたが、個人の体質や体調によっては、その駆虫方法が合わない場合もありますので不安な方は事前に医師にご相談ください。

ちなみに私は自己判断でやってみました。その後すこぶる快調です。