動物虐待の考え方 一般家庭編

動物の虐待の考え方

行政では、虐待の定義を明確化するために、各都道府県において判決事例を収集・把握を行っております。今回は、虐待に該当する可能性、あるいはそのままの状態で放置されれば虐待に該当する可能性があると考えられる事例をご紹介いたします。

1.意図的な虐待(やってはいけない行為を行う ・ 行わせる)
・殴る・蹴る・熱湯をかける・動物を闘わせる等、身体に外傷が生じる又は生じる恐れのある行為・暴力を加える
・心理的抑圧、恐怖を与える
・酷使 など

2.ネグレクト(やらなければならない行為をやらない)
・健康管理をしないで放置
・病気を放置
・世話をしないで放置 など

※動物自身の心身の状態 ・ 置かれている環境の状態によって判断される。

一般家庭において、虐待に該当する可能性・あるいは放置すれば虐待に該当する可能性があると考えられる例

・餌が十分でなく栄養不良で骨が浮き上がって見えるほど痩せている(病気の場合は獣医師の治療を受けているか。高齢の場合はそれなりの世話が出来ているか。)。

・餌を数日入れ替えず、餌が腐っていたり、固まっていたりして、食べることができる状態ではない。

・器が汚く、水入れには藻がついている。あるいは、水入れがなく、いつでも新鮮な水を飲むことができない(獣医療上制限されているときを除く)。

・長毛種の犬猫が手入れをされず、生活に支障が出るほど毛玉に覆われている。

・爪が異常に伸びたまま放置されている。

・(繋ぎっぱなしで散歩にも連れて行かず、)犬の糞が犬の周りに何 日分もたまり、糞尿の悪臭がする。

・外飼いで鎖につながれるなど行動が制限され、かつ寒暑風雨雪等の厳しい天候から身を守る場所が確保できない様な状況で飼育されている。

・狭いケージに閉じ込めっぱなしである。

・飼育環境が不衛生。常時、糞尿、抜けた毛、食餌、缶詰の空やゴミがまわりにちらかっており、アンモニア臭などの悪臭がする。

・病気や怪我をしているにもかかわらず、獣医師の治療を受けさせていない。

・リードが短すぎて、身体を横たえることができない。

・首輪がきつすぎてノドが締めつけられている。

・しつけ、訓練と称するなどし、動物に対し殴る、蹴る等の暴力を与えたり、故意に動物に怪我をさせたりする。

 

出典・加工して作成:環境省「平成30年度動物の虐待事例等調査報告書」
https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/pamph/h3103b/full.pdf