集合住宅における猫の飼育

集合住宅における猫の飼育

近年、ペットを飼育することのできるマンションが増えてきています。
同じ建物内に多数の世帯が住み、共用部分もあるマンションなどの集
合住宅では、猫の飼育をめぐって近隣とのトラブルが発生しやすく、
一戸建ての住宅に比べ、飼い主には細心の注意を払いながら飼育する
責任があります。

これから集合住宅で猫を飼い始める方へ
これから集合住宅で猫の飼育を計画されている方は、以下の点に注意
しましょう。

衝動買いをしない
飼い始める前には、その集合住宅で猫が飼育できるか、飼育条件(体
重や頭数の制限など)はないか、家族全員の同意があるか、十分な世
話ができるか、住環境は整っているかなど、よく検討してください。

猫のことを勉強する
猫の本能や習性を正しく理解してください。

不妊去勢手術をする
落ち着いた穏やかな性格になり、発情期に大声で鳴くことや、マーキ
ングなどが少なくなり飼いやすくなります。

集合住宅に適した猫種を選ぶ
一般的にはエレベーターに乗るときに抱きかかえることができる、中
小型種がよいでしょう。
他の人が利用していない時にエレベーターを利用するなどの配慮が必
要となります。猫については、鳴き声の問題が少なく、しつけがしや
すい、抜け毛の少ない猫種について、「飼い主の会(ペットクラブ)
」で実際に飼っている人やペットショップなどに相談をするとよいで
しょう。

集合住宅における飼育の注意事項
集合住宅で猫を飼育する際には以下の点に注意してください。他の居
住者の迷惑にならないようにすることが基本です。

・周囲には動物が好きではない人がいるかもしれません。最初に近隣
 への挨拶をしておくことで防ぐことができるトラブルもあります。
 上下、左右の部屋の居住者には猫を飼育していることを必ず知らせ
 てください。

・猫は自宅または管理者により指定された場所で飼いましょう。共用
 部分となっているベランダには、猫を出さないようにしましょう。

・猫の毛が布団についた、食事中に猫の毛が入ってきたといった苦情
 があります。自宅の居室内または指定された場所以外で、猫にフー
 ドや水を与えたり、排便、排尿、毛の手入れ(ブラッシング)を行
 ってはいけません。また抜け毛などを排水管に流したりしないよう
 にしてください。

・猫の鳴き声、室内での走り回りなどの騒音に注意し、近隣に迷惑を
 かけないようにしましょう。

・悪臭が近隣に伝わらないよう、トイレの位置に気を配りましょう。

・ノミ、ダニ、ハエなど衛生害虫の発生を防止するため、こまめに掃
 除を行いましょう。害虫が発生したら、自分の家だけでなく、他の
 お宅に迷惑をかけるかもしれません。

・集合住宅の共用部分で人に飛びついたり、尿をしてしまうかもしれ
 ません。エレベーターでは動物が苦手な人と同乗することもありま
 す。共用部分では極力抱いて移動しましょう。エレベーターでは同
 乗者の了解を得るか、途中階で一旦降りるなどの配慮をしましょう。

・マンションの管理規約を遵守しましょう。

 

出典・加工して作成:環境省「住宅密集地における犬猫の適正飼養ガイドライン」
https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/pamph/h2202.pdf