【海外ニュース】スイスの科学者が猫アレルギーワクチンの開発に成功

猫アレルギーワクチンの開発に成功

スイスの科学者が、猫アレルギーワクチンの開発に成功したという最新ニュースが飛び込んできました。

このワクチンは、人のアレルギー反応の大部分を引き起こす猫のタンパク質を安全に中和できることが示されています猫のアレルギーは、猫は唾液と涙から分泌されたタンパク質が主なアレルゲンと言われており、それは猫の毛づくろいによって毛皮へ広がり、猫全体がアレルゲンに覆われます。

今回のワクチンは、猫の持つ発生源にアプローチすることでアレルゲンを中和するのだそうです。多くの猫において成功している方法ということで、今後より安全性が確立されれば市場に出回るのではないかと推測されます。

実用可能となるよう、アメリカやヨーロッパへの打診が始まっているようです。やはりそこはペット先進国から話が進んでいくのだなと改めて実感させられました。

日本も、いち早くペット先進国として世界に認められ、そういった研究や傘下に入る動きが迅速になればと思います。

「猫アレルギーは猫の育児放棄の要因のひとつである」「猫を飼いたくても飼えないアレルギーの人を救う」ということから、猫と人の救済のために続けられた研究でこのような朗報が発表されたことを、キャットパートナーも嬉しく思います。

ただ、新しく開発されたものを猫の身体に取り入れるわけですから、確実な安全性が保障されることが猫にとっては最も重要だと思いますので、その辺りの続報を心待ちに私たちも日々「ペット先進国」を目指した活動を続けていきます。