高齢猫(老猫)と飼い主の高齢化について

猫も飼い主も歳を重ねると体力や生活習慣が変わります。シルバー世代の飼い主と高齢猫(老猫)がともに幸せに暮らせるように、日頃から備えておきましょう

・シルバー世代と猫
猫との暮らしは、私たちの日常に幸せと彩りを与えてくれます。猫の世話が生きがいになったり、猫の話題で会話も弾みます。猫の寿命は年々伸び、犬や猫は15年以上生きることも珍しくありません。万が一自分が病気などになってしまって、飼い続けることができなくなったときにどうするか・・・。そんな事も考えて、対策をとっておくことがシルバー世代の猫への責任です。

・いまどきの猫の飼い方
昔と今では、猫の飼い方の常識も変わってきています。昔の猫は外出自由な飼い方が当たり前でしたが、今では外に出さないで飼うことが基本です。

・シルバー世代の猫への責任
室内で飼うことが基本です。上下運動できるスペースや落ち着ける場所の確保など、猫本来の習性や行動に応じた環境づくりに配慮することが大切です。毎日のフードや水だけでなく、こまめなトイレの片づけや部屋の掃除が必要です。繁殖力が強いので、必ず不妊去勢手術をしましょう。

・シルバー世代には成猫からが飼いやすい
おとなの猫は、大きさや性格がある程度分かっているという利点があります。保護施設からの譲渡には年齢制限等の条件もありますが、あなたに合う猫の紹介や、トライアル期間(試しに飼ってみる期間)、飼い方のアドバイス等も行っていますので、選択肢のひとつとして考えてみてはいかがでしょうか。

・飼う前にチェック
・猫の世話に毎日時間をかけられますか?猫の世話に休日はありません。
・猫を飼える住まいですか?賃貸の場合は契約内容を確認しましょう。
・世話をする体力や、飼い続けるお金はありますか?フード代だけでなく、動物病院の費用などもかかります。

猫の繁殖スピードは超特急!不妊去勢は一刻の猶予もありません!

動物は、本能で繁殖します。親子やきょうだい間でも子どもを作ります。特に猫は、1頭のメス猫が 1年に3回出産できるので、1年後には20頭に、2年で80頭以上に増えてしまうこともあります。2~3頭なら大丈夫と思って不妊去勢手術をしないでいたら、1~2年で家じゅうが猫だらけの状態になるため、不妊去勢を行いましょう。

 

出典・加工して作成:環境省「共に生きる 高齢ペットとシルバー世代」
https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/tekisei/h29_03/mat02.pdf