猫の夜間展示

猫の夜間展示について

猫の生態を配慮し、特に猫の幼齢個体については深夜展示による休息時間の不足、不適切な生活サイクルの強要等によるストレスを考慮して規制する必要があります。

社会通念や国民の動物に対する愛情感情への侵害を考慮し、20時以降の生体展示は禁止となりました。

「動物の愛護及び管理に関する法律施行規則」及び「動物取扱業者が遵守すべき動物の管理の方法等の細目」の一部の改正により、販売業者、貸出業者及び展示業者が夜間(午後8時から午前8時までの間をいう。)に、猫の展示を行うことの禁止、夜間に飼養施設へ顧客や見学者が立ち入らないようにすること等が規定されました。

・平成24年6月1日から、販売業者、貸出業者及び展示業者による犬及び猫の午後8時から午前8時までの展示が禁止されました。
・猫を顧客と接触させたり、譲り渡したり、引き渡す行為も禁止されます。
・午後8時を過ぎて、店舗内で他の商品の販売を行う等店を開けている場合は、猫をバックヤードに移す、店舗内の飼養施設等をついたて、カーテン等で隠すなどして顧客から見えないようにしてください。
・顧客が飼養施設に立ち入ったり、カーテン等をめくらないように表示するなどの措置をとってください。
・成猫(生後1年以上の猫)が休息できる設備に自由に移動できる状態で展示する場合は、平成26年5月31日までの間、午後8時から午後10時の間は展示規制の対象外となります。
・日中でも長時間連続して猫の展示を行う場合は、その途中に展示を行わない時間を設けてください。

 

出典・加工して作成:環境省「動物愛護管理法の政省令等が一部改正されまし」
https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/pamph/h2309a/full.pdf