猫にとって安全なシャンプーとは?

猫は、基本的にグルーミングで被毛ケアを行うのでシャンプーは不要です

ただ、粗相をした際や何かのアクシデント、抜け毛の季節のケアや真菌による皮膚炎等の際にはシャンプーが必要になる場合もあります。また、長毛種の猫は毛玉が出来やすい為、毎日のブラッシングを行った上で時折シャンプーをしてあげる事で被毛トラブルを防ぐ回避策となります。

しかし、市販の一般的なシャンプーには多くの化学物質が含まれており、中には有害な物も沢山存在しているのが現状です。

シャンプーによって皮膚から吸収される経皮毒は、あらゆる病気の根源にもなります。 

そこで、昨今世の中に出回り始めた安全性の高いシャンプーの中でも、より素晴らしいシャンプーがこちらです。

⇒ visions オリジナル プラチナ・ナノコロイドシャンプー

余計なものが一切入っていない点と、近年注目されている成分「プラチナ」が含有されている点は非常に素晴らしいです。

香料や着色料等で満足するのは人間側の目線であって、猫自身は身体の毒となる物を摂取したいとは思っていません。猫の身体に最善のものを選び、1日でも長く健康寿命を伸ばしてあげましょう。