繁殖制限について

 

この文面は、環境省「あなただけにできること -動物の繁殖制限-」からの、「繁殖制限について」が学べる出典記事となります。


 

繁殖制限について

どうして繁殖制限が必要なのでしょうか

一般に飼われている動物のほとんどは、たくさん子供を産みます。自由に繁殖できる上では、あっという間に数が増えてしまいます。しかし、動物を飼う空間や、世話をする人手や時間、経済的条件は限られています。

次々と生まれる動物をすべて飼うのも、責任ある新しい飼い主を探すのにも限界があります。きちんと世話できる数以上の動物をかかえてしまうと、掃除が行き届かなかったり、一匹一匹に気を配れなくて健康を害してしまうなど、動物を苦しめるばかりでなく、臭いや騒音で近所の人たちにも大きな迷惑をかけてしまいます。

また、現在、年間約40万頭の猫や犬が、飼う人がいないという理由で殺処分されています。その多くは、子ネコや子犬です。数が多すぎるという理由で、寿命を全うせずに死んでいく動物の問題を解決するためにも、繁殖制限は必要なのです。

不妊・去勢手術はかわいそう?

かわいそうだから、不妊・去勢手術はしないという声をききます。確かに、健康な体にメスを入れることは抵抗があるかもしれません。

しかし、動物は本能で繁殖を行います。不妊・去勢手術は、一回の処置で一生、望まない命を生み出さない、とても効果的な繁殖制限措置であるだけでなく、性ホルモンの影響や繁殖に関するストレスをなくすため、健康面や行動面にも様々なメリットがあります。

健康面でのメリット

動物の病気やケガには、繁殖行動や性ホルモンに関係しているものが多くあります。不妊・去勢手術により、多くの病気が軽減され、より健康に長生きすることができます。

メスでは、不妊手術により、発情・妊娠・出産による肉体的負担や、交尾でうつる病気、生殖器の病気、性ホルモンの影響による病気のリスクがなくなります。

オスでは、性ホルモンは攻撃性や支配性、縄張り意識、活動性を高めるので、去勢手術により、精巣の病気や交尾でうつる病気、性ホルモンの影響による病気のリスクがなくなるだけでなく、なわばりやメスをめぐるケンカでケガを負ったり、交通事故など思わぬ事故に遭うことが少なくなります。

 

出典:環境省ホームページ「あなただけにできること -動物の繁殖制限-」

https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/pamph/hanshoku.html