飼い猫の腎機能・肝機能を悪化させる日用品とは

 

飼い猫の腎機能や肝機能が悪化した際「ただの老化だろう」と思う方もいまだ多いのですが、体質に合っていないフードや水を摂らせる事の他にも、内臓機能を悪化させる何気ない日用品が当たり前のように存在しています。

注意すべき日用品

・消臭スプレー(猫に害のない天然の物や薄めた次亜塩素水等を除く)
・ヘアスプレー
・殺虫剤

このようなスプレーを噴射すると、その粒子は一瞬で見えなくなります。しかし、成分は長時間その場に漂い、床やカーペットに蓄積されていったものを猫が吸ってしまいます。

結果、肝臓や腎臓が破壊され取り返しのつかない事に。

他にも、シャンプーからの経皮毒やフードからの発がん性物質、その他有毒物質の摂取により猫の身体を脅かすものは多々存在します。そしてそれらが普通に販売されています。飼い主の努めは、そういった環境から飼い猫を守ってあげることではないでしょうか?

一度人工透析になってしまうと、人も猫も短命となってしまう可能性が非常に高いです。皆が幸せに日々を送ることができるよう、危険な化学物質には十分に気を付けて生活してください。

 

参考:腎臓の弱い猫たちの救世主

腎臓が弱い、透析も視野に入れなければならない等の状況になった猫たちにもまだ希望は残っています。それは活性炭です。「活性炭」です。