【猫のコラム】愛猫に食べさせる前に気付いてほしいこと

まずは知ること

猫好きの皆さんこんにちは。皆さんは、自身が飲み食いする物に対してどれくらいの事をご存知ですか?よく出回っているのはジュース等に入っている砂糖を可視化した画像です。ああいった画像は氷山の一角であり、他にも知らない事がまだまだ沢山世の中には存在します。

健康的な生活をしようと思うと、食事や運動をはじめあらゆる生活習慣の見直しが必要となり、それまでに不摂生していればしているほど、それを正すための努力が多く課せられますよね。そのため、人はどうしてもそこから目を逸らしがちになります。

猫を飼う時にその内面が顕著に出るのですが、例えば、猫だからこれくらいの不調は放っておいてもいいだろうであるとか、安いからこのキャットフードでいいだろうであるとか。

まして、人間自身が自身の食べ物についてもそのように目を瞑ることが多いのではないでしょうか。

個体差は必ずあるので、「自分は自分・人は人」と考えることが大事

この手を話題でよく引き合いに出されるのが「酒や煙草を続けていてもうちのおじいちゃんは80歳でまだ元気」等の極端な例で、個体差ありきの話が多いです。また「日本の平均寿命は長い」という一部だけを誇張するような話もよく耳にします。しかし、日本の平均寿命が長い理由には「自身で食べることも起き上がることもできない寝たきりの老人が多い」という事実がありますので、「大量の食品添加物や発がん性物質を摂取しても日本人は頑丈だ」という事とイコールにはならないのではないでしょうか。

ペット先進国は、医療先進国と比例するような面が多々見受けられます。それは、国の「生命に対する考え方の大きな違い」にあるのではないかと見ています。

「みんなが食べているから大丈夫だろう」この意識を一度横に置いて、本当はどうなのか?そこを考え自分なりのポリシーのもとに生活を送ることが、現代の多くの日本人に欠けている多様性なのではないかと思います。このキャットフードが売れているから・たくさん宣伝していて目によく入ってくるからきっと良いフードなのだろう等というだけ根拠では、真実に辿り着くことは難しくなるでしょう。

愛猫や家族のためにも、多くの日本人が一日も早く真実に目覚めることを心から願っています。