【猫の腸内環境】免疫力の低下を予防するには

最終更新日:2019/05/13

猫も人間同様、ストレスや食べ物の影響により、腸内環境が乱れる事で免疫力の低下や異常を引き起こす可能性が高まります。免疫力の異常から予測されるその後の病気は、アトピーやアレルギー、自己免疫疾患、癌に至るまで様々です。それらの病気を含め、他に起こり得る猫の健康不良を予防するために必要な事は以下です。

腸内環境が乱れる原因と、予防するために必要な事

健康維持の為に適切なフードを選ぶ
腸内環境を悪化させる大きな要因のひとつとして、食品添加物が挙げられます。また、猫の身体に合わない食材を使用したフードも猫の消化器官に負荷を与え、病気の原因となります。市場には、発がん性物質や猫に有害とされる油等を使用したフードがいまだ多く見受けられます。フードを選ぶ際は、フードに含まれている成分を確認して購入しましょう。

できる限りストレスを溜めさせない
猫は人間が思う以上にストレスに弱い生き物であることから、猫を飼うにあたって猫の本質を学ぶ必要があります。
・触られる事が好きな猫もいれば、そうでない猫もいる。
・爪とぎは猫によって好む材質が異なる。
・毛をカットされる事がストレスになる場合がある(特に長毛種の場合)。
・フードと飲み水の場所が近い事を嫌がる猫は多い。

他にも猫の性質として学ぶべきことは多いのですが、あえて率先してストレスとなる可能性が高い行為を行う事は避ける方が無難です。そこには、猫に被り物をさせる・無理矢理写真を撮る等の人間のエゴイズム的な行為も含まれます。

サプリメントを上手く使う
特に年齢を重ねた猫や若くても体調の芳しくない猫には、キャットフードとは別でサプリメントを使用して腸内環境や免疫力を維持し病気を予防する方法もあります。その場合、猫の性質に合った天然の素材からできたものを使用します。既に病気を患っている猫にサプリメントを与える場合は、かかりつけの獣医師に必ず相談を行う事が重要です。

【豆知識】
一般的な「サプリメント」とは、猫の体調が芳しくない時の補助として「健康食品」として与えるものです。「キャットフードにおけるサプリメント」は「猫の生態に準ずる原材料を使わないことによって足りない栄養素として無理矢理添加するもの」、いわゆる「添加物」のことを指します。「キャットフードにおけるサプリメント」は、安全性が確立されたものか不明であるものも多くあるため、できる限り入っていない事が望ましいです。ただし、人間でも同じように、現代の食べ物では基準量を食べ物のみから摂取することが難しい栄養素に関してはキャットフードの中に最低限のサプリメント含有は必要となります。フードの原材料に自然の食べ物以外のもの(サプリメントなど)が含まれている場合は、その栄養素が何であるか?食べ物から摂取するには難しい栄養素なのか否か?を調べたり考えたりしてみましょう。もし分からない場合は、各メーカーに問い合わせを行いましょう。