キャットフードに含まれる添加物の役割

キャットフードに含まれる添加物の役割

キャットフードに含まれる添加物の役割

ドッグフードの「原材料名」を見ると、ドッグフードにも人間の食べ物と同じように、様々な用途で添加物が入っていることが分かります。

1. 栄養バランスを整える
2. フードの品質を保つ
3. 美しく、おいしくする

美しく、おいしくする

増粘安定剤
缶詰やレトルトパウチなどのウェットフードで、しっとりした触感やゼリー状のとろみをつけるのに使われています。

発色剤
憎さやかなを主原料として使う缶詰やセミモイストフードでは、肉の鮮やかな色を保つために使われています。

着色料
天然の原材料は、収穫時期によって色がばらつくことがあります。見た目の色調を整えるために使用します。

膨張剤
ケーキのようなお菓子タイプのペットフードでは、ふっくらとした食感を保つために使われています。

日頃から商品パッケージの裏(成分表)を見ることが大切です。他にも、酸化防止剤やタンパク加水分解物等、様々な添加物が使用されています。

 

知って納得!ペットフードの表示

出典・加工して作成:環境省