【猫にNGな食べ物】与えてはいけないもの・注意が必要なもの

猫に与えてはいけないもの・注意が必要なもの

人の食べ物でも、猫には害を及ぼす場合があります。玉ねぎやチョコレートなどを猫に食べさせてはいけません。

レバー
ブタやニワトリなどのレバーにはビタミンAが多く含まれており、猫がビタミンAを過剰に摂取すると、食欲不振、関節炎を引き起こすことがあります。
ホウレン草
シュウ酸が多く含まれているため、シュウ酸カルシウム尿石症の原因になります。茹でてアク抜きすることで、シュウ酸の量を減らすことができます。
コーヒー、緑茶、紅茶
カフェインが含まれているため、これらの飲料を与えると、猫は下痢、嘔吐、体温不調、多尿、尿失禁、テンカンの発作などを引き起こすことがあります。
生肉
生肉(生の豚肉や野生鳥獣肉)には有害な寄生虫や細菌が存在する可能性があるため注意が必要です。猫に肉を与える時は加熱調理を行い予防しましょう。
香辛料
猫は、香辛料に対する耐性が低いので肝臓障害の症状を引き起こすことがあります。
生卵(生の卵白)
猫に生の卵白を与え続けると、ビオチンが欠乏し皮膚炎、成長不良の症状を引き起こすことがあります。ただし、卵白のみを与える場合でも、加熱調理をすれば問題はありません。また、生であったとしても、全卵であれば、卵黄にビオチンが多く含まれますので欠乏症にはなりません。
にぼし・海苔
猫には、マグネシウムの過剰が要因となり尿路疾患を引き起こすことがあります。

 

飼い主のためのペットフード・ガイドライン

出典・加工して作成:環境省