【猫の母乳と牛乳の違い】猫に与えるミルクについて

【猫の母乳と牛乳の違い】猫に与えるミルクについて

猫の母乳と牛乳の違い

猫の母乳は牛乳に比べてたんぱく質や脂肪の量が多く、乳糖などの糖質や水分が少ないのが特徴です。犬や猫の食餌が、私たち人間と異なっていることは、乳の成分などにもあらわれています。

牛乳は、私たちにとってたん白質やミネラルを多く含む良質な食品の一つですが、犬や猫の乳は牛乳に比べてたん白質や脂肪の量がより多く、乳糖などの炭水化物が少ないのが特徴です。 このため、子犬や子猫に母乳の代わりに牛乳を与えると、エネルギー(カロリー)やたん白質が不足して、健全に成長できない場合があります。子犬や子猫には専用のミルクを与えましょう。

このような違いから、子猫に牛乳を与えると、水分が多く、脂質が少ないためにエネルギーやたんぱく質が不足し、健全に成長できないことがあります。また、成猫に乳糖を多く含む牛乳を与えると、乳糖をうまく消化吸収することができないため、下痢を起こすことがあります。

猫にヤギミルクは与えても問題ないのですが初めは少量から

ヤギミルクは猫の母乳に近い成分です。ヤギの母乳は、牛乳よりも脂肪球が小さく消化しやすい特徴があります。

栄養価も高いミルクです。初めて与える際は、嘔吐や下痢を引き起こさないかの様子を見ながら少量ずつ与えてください。

出典・加工して作成:環境省ホームページ「飼い主のためのペットフード・ガイドライン ~犬・猫の健康を守るために~