猫の癌・難病・炎症・身体の痛みに「ビワの葉湿布」を

愛猫と共に暮らす皆さま、こんにちは。

ここ数年で、ペットに関する健康保険はかなり充実してきたように思います。同時に、ペットが重篤な病気にならないような生活を心掛ける飼い主さんたちも増えていますね。

愛猫が病気になりにくい身体を作るために重要な事

・日々の運動(適度な日光浴含む)

・飼い主とのコミュニケーション(免疫力向上にも!)

・猫の性質に合った適切なフード選び(低GI値で肉メインのフード)

等、他にも様々ありますが代表的なものはその三本柱です。

それらをきちんと実行した上でも、排気ガスやその他様々な影響により病気を発症してしまう愛猫もいるという事実。

獣医師のもとで検査や治療をうけることは大切ですが、その過程で飼い主にしかできない大切なケア方法がありますので今回はそれを書いていこうと思います。

それは「ビワの葉湿布」です

昔から、人間のみならずペットや家畜にも使用されてきた天然の治療法です。

ビワの葉のツルツルした面を飼い猫の患部(温めたい部分)に当て、温めたこんにゃくをタオルで包んだものをそのビワの葉の上にそっと置きます(火傷をしない程度の気持ち良い温度になるよう調整する)。

ビワの葉の薬効成分が身体に入り、痛みや炎症を軽減してくれると言われています。腰痛・ヘルニア・癌・難病などの猫を飼っている飼い主さんたちが実践されているようです。

私も試しにやってみましたが、これは良いです。私の場合は身体全体の体質を良くしたかったので、主に腎臓と肝臓の部分に当てています。腰痛がある時腰にやってみると即効性があったので驚きました。

ビワの葉は、楽天やAmazon等で入手可能です。庭のあるご家庭であれば、ビワの苗を植えてみるのもアリです。

最近愛猫の調子が悪そうだなと感じる飼い主さんには、是非お勧めしたい手当方のひとつです。