【猫の体調不良】季節の変わり目に体調が悪くなる猫

季節の変わり目は体調の変化に注意

猫も人も、春(2月~4月)になると体調が優れない…という現象は意外にも多くあるのです。

それは、冬に寒さ対策として身体が溜め込んだ脂肪が溶け出し、その脂肪に含まれる毒素が同時に排出される(身体を巡る)ことによって起こる場合があると言われています。

身体の排毒機能が正常に働いているという証拠でもありますので、あまりにも重い症状でない限り自宅でケアをしてあげるだけでも身体が楽になります。

・飼い猫の体質に適量なたんぽぽ茶を飲ませる
・マッサージを施す(脂肪を排出しやすくする)
・冬よりも水分をとらせる事を意識する
・運動をさせる

他にも、飼い猫に合った解毒方法は色々とあるかと思います。春にきちんと体内の毒を出して、元気に1年を過ごしましょう。

毒素は、質の悪いキャットフードやおやつ、外気からの排気ガスの吸い込み、住まいのホルムアルデヒド、水道水など様々なところから身体に入ってきます。それらの対策をとる事も、身体に毒素を貯めにくくする=健康に暮らすためには重要なポイントとなります。